11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motionvis

Author:motionvis
FC2ブログへようこそ!
場所は御嶽山です。
2003年OPENの美容室
私達は皆様のキレイのパートナー
食べるの大好きVIS一味

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

広島旅 前編

2015.12.02 09:12|未分類



今年も残すところあと1ヶ月ですね。皆様お元気でお過ごしでしょうか。
 
 
 
個人的に少し遅い夏休みということで、広島にいってまいりました!
広島にご旅行されたというお客様が多く、「よかったよ~」との声にすっかり影響されての今回の計画でした。
メインは、しまなみ海道サイクリング、宮島厳島神社、原爆ドームです。あとは、広島の食を堪能予定…ワクワク、食べ物だけはしっかり調査済みです!
 
しまなみ海道は広島県尾道市と愛媛県今治市の間の瀬戸内海に浮かぶ島々を9つの橋でつなぐルートで、「サイクリストの聖地」として国内外のサイクリストが島旅をたのしんでいます。推進ルートは全長70キロメートルというものの、普段の愛車はママチャリというわたしの力量を考えると、今回は因島島からスタート、向島をとおり尾道に入るコースを選択しました。
自転車はレンタルができ、各所に設けられたレンタサイクルターミナルで乗り捨て自由なんです。
 
まず広島空港から三原行きのバスで30分ほど、三原港から因島までフェリーで40分。
しまなみ海道サイクリングのスタートです!
…と、意気込んで下船したらいいものの、どこがレンタサイクルターミナル??地図によれば因島西港にはレンタサイクルターミナルがあるはず…看板がでてるとか…うーん、気配がない。人の気配もない。どうしよう。
下船したのは5人くらい、皆さんおそらく地元の方かお仕事の方。散り散りになり1人ぽつんと、とりあえず携帯を開き検索をはじめる…そんな時一緒に船に乗っていたであろう奥様が心配した様子で声をかけてくださいました。
事情を説明すると「わたしではわからないから船の受付の人にきいてみたら?」とのこと。申し訳なさそうなお顔でしたが、声をかけてもらえただけでも心強く思いましたよ、ありがとうございます!
ですが、その小さな船の受付は人がおらず、「すみませーん」と大きい声をだしても返事がない…またソワソワしながら少し待っていると、野良仕事着のいかにも地元のお母さんというようなかたがバイクで登場。待ってました!聞いてみると受付もここでできるとのこと。
あぁ、そうでしたか。…わかりづらいな(^ ^)
まあ良かった、ひと安心。
今回は車輪の大きめの子を相棒に選び、やっと出発です!
サイクリングロードまでの道順を伺い、お母さんが「気をつけてね~もう会わんと思うけどね~ガハハ(^ ^)」とわたしを見送ってくださいました…とりあえずわたしもガハハ(^ ^)
 
走り出したはいいものの、さっそく別れ道、「お母さん、これどっちーー!!?」と叫びだしたくなりましたがとりあえず、直感で前進。矢印も看板もない…。
そのうち車道に青いラインが引かれているのを発見。「尾道まで15キロ」やっとサイクリングロードと思われる道に乗ることができました。15キロか。お母さんは2時間くらいだって言ってたけどそんなかからないよね。
と思っていたのですが、早々に不安が湧き上がります。
案外アップダウンがはげしい。最初は登りも立ちこぎをしていたのですが、つらくなってきて、登り坂のたびに自転車から降り、おしていき、下り坂で再び乗りひと休憩の繰り返し。次の島に渡る橋がなかなか近づかない。
30分くらいたったころにもういいやとなりはじめ、レンタサイクルターミナルがあれば乗り捨てしちゃおうという諦めの心が芽生えはじめましたが、そんな甘えをしまなみ海道は許してはくれず、この先ターミナルは尾道の手前までなし…。腹をくくるしかありませんでした。
 
やっとのことで因島大橋に到着。全長1270メートルの大きな橋は結構横なぐりの風が強いですが、とても眺めがよく、このあたりに昔海賊たちがいたのかなぁ、なんて千何十年前に思いを馳せていました。
ここまででやっと半分。お母さんの言葉のとおり一時間かかりました。
この後一時間も自転車の上り下りを繰り返し、平坦な道でも脚が疲れはじめなかなか前に進まないくらいになり、横から吹く海風の攻撃もあり、半べそをかきそうになりました。
皆さん、もし行く機会があれば電動アシストのついた自転車を是非是非選んでください。絶対。スイスイ漕げたなら海風も心地よく感じたことでしょう。
 
向島と尾道を結ぶ新尾道大橋は自転車、歩行者道はないので渡船をつかいます。
ついに船着場に到着。ですが、また人がいない。そして船もない。
あるのは「そのうち船がきますので、お待ちください」の立て看板のみ。
そのうちは本当にくるのか?またまた不安になりながら待つこと10分ほど、静かに船が到着。自転車も一緒に船に乗り込み、ついに尾道の地を踏むことができました。
ガクガクする脚で最後に向ったのは尾道ラーメンの人気店「朱華園」さん。尾道ラーメンは、小魚でダシをとり、しょうゆ味をベースに豚の背脂を浮かべたスープが特徴。特にここのスープはなかでも濃いめだそうで、ヘトヘトだったわたしのからだにビールとともに染み込んでいきました。とても美味しかっです。
日が陰りはじめた頃、尾道駅前のレンタサイクルターミナルに到着。さすがにここには3名ほどのスタッフかおり、「おかえなさい」の声で迎えてくださいました。
これにて、しまなみ海道サイクリングは終了しました。終わってみれば大変だったぶんの達成感を味わうことができました(^ ^)
 
常に人の大勢いる住み慣れた東京を離れると不安になることも多く、そのたびに人のいることの安堵を感じました。インターネットの検索だけではわからないことも、街じゅうに溢れた充実した案内板に慣れすぎてしまっている生活も感じました。
 
 
 
その後、広島駅までJRにのり、「みっちゃん」というお店で、広島のお好み焼きをいただき、宿へ向かいました。
ちなみに本日の旅のお供に広島名物のもみじまんじゅうを4回買って食べていました。
夜は地酒を飲みたかったので、近くにある居酒屋さんに入り、広島菜のおひたしをつまみながら二種類ほどいただき、1日を締め括りました。
また明日も美味しいものノルマを自分に課せて、眠りにつきました。
 
明日へつづく
 
 

近藤
スポンサーサイト